スパークリング

ワインを横に寝かせる理由

ワインを保存する際にどうして横にするのか。
ワインを飲むけど買い置きなどをしていない方は知らない方が多いと思います。
この保存方法について、ご説明いたします。

まず、どうして横にするのかはコルク栓が関係しています。
ボトルにはコルク栓をしていますが、これを横にすることによって、コルクを湿らせているのです。
湿っているコルクは水分をほとんど通さず、品質が劣化することを防いでくれる上に、熟成のために必要な空気を通していい具合にしてくれます。
どのワインのボトルにもコルク栓がしてあるのは、こういった理由があるためです。

乾燥してしまうと、どうなるのかと言いますと、弾力性がなくなり、収縮するため隙間が出来てしまうのです。
そうなると、熟成に必要な分以上に空気が入ってしまい、酸化を逆に早めてしまう現象が起きます。
また、コルク抜きを使用しようとしても、乾燥の為崩れやすくなったりしてボトル内に入り込んでしまうこともあります。

すぐに飲み切るというならば縦に置いてもいいと思いますが、長期的に保存するならば横にして寝かせておきましょう。
また、横にすることによって振動などが起きないように固定して置いておけるようにしましょう。

このページの先頭へ