スパークリング

ワインの歴史について

実は、ワインと言う飲み物はとても古くから存在し、人類が生まれる前には、もうワインと言うもの自体が出来るようになっていたとされています。
最古の文献では、紀元前4、5000年ほど前とされており、そのころには果汁を絞るための石臼も作られて使用されていたそうです。
場所は意外にもヨーロッパではなく、メソポタミアで今で言うイラクの位置にある文明でした。
このころはワインは作られてはいましたが、酸化で酸っぱくそのままでは飲めないため、蜂蜜や水などを混ぜて飲まれていました。
また、ビールもこのころには作られていたと言うので、メソポタミアの文明がいかに優れていたかがよく分かると思います。

また、エジプトのピラミッドの中にも、壁画にて製造工程が描かれていたり、文献として残っています。
昔からワインはいろんな方に愛されていた事が分かりますね。
そうしてヨーロッパに渡って、気候がいいとされるフランスにて多くの銘柄を作るに至りました。

それが日本にも渡ってきて、山梨などで製造されていますよね。
こうして歴史は重ねられてきて、作られて今に至ります。
その歴史は調べれば調べるほど面白いものなので、興味がわいた方は調べてみるといいでしょう。


このページの先頭へ