スパークリング

ワインのお酒の詳細

ワインと言うのはどんなお酒なのでしょうか?ご説明いたします。
ワインはぶどうを使ったお酒で、蒸留酒と言うものに分類されます。
アルコールが20パーセント以下のもので、程よいアルコールの強さで独特の味わいを楽しむ事が出来ます。

ぶどうはお酒の中でも最初に作られたお酒として有名です。
ぶどうは人類が生まれる前から自生していたとされ、保存食としても使えるものでしたので、大切に保管されて食べられてきました。
それが保存の際、ぶどう同士の重みで潰れていき、果汁がこぼれ、自然発酵する事によって、お酒になって行ったとされます。
ぶどうは酸味が強いためそれ単体で飲むには酸っぱく、蜂蜜などを加えて甘くして飲むのが主流とされていたようです。

今では、皮と果肉で分けたり、ぶどうと白ぶどうで違ったものを作られたりとして様々な味が出てきています。
また、果肉と皮を離さないまま発酵し最後に皮を取り除くロゼは、ワインの中でも飲みやすいとして人気を誇っています。
スパークリングワインなども加えると多くの種類が生まれ、今では多くの方に愛され広く知られるようになりました。
実は健康にもいいとされているので、それも人気の一つであるといえるでしょう。


このページの先頭へ