スパークリング

ワインセラーの重要性

ワインというのは非常に繊細で保存が難しいものです。
これを美味しいまま保とうと思うと、なかなか骨が折れてしまうのです。

昔は、ヨーロッパなどでは洞窟や地下などで保管し、ワインセラー代わりにしてきました。
保存するためには、コルク栓を少し湿らせて熟成成分を瓶の外へと発散させながら、光も当たらないような閑静な場所で熟成させていきます。
その熟成には13~15℃、湿度は70~80%程度、音や振動、光といったものをほとんど受けることなく保管できるということが一番の理想です。

昔はこの条件を洞穴や地下が満たしてくれていましたが、それがワイナリーに必ずあるとは限りません。
立地的に難しい場所もありますので、そういった場所に作ることも難しいでしょう。
そういったときに出来たのが、ワインセラーです。

最高の商品を生み出すためには、このセラーは必要不可欠であるとされています。
高温や低温では熟成が進みすぎたり、遅すぎたり、蛍光灯などですら浴びていると商品はすぐに劣化してしまいます。
それでは売り物になりませんし、購入した方も、折角のワインなのに楽しむことが出来ません。
そんなときのために、セラーがあるといいでしょう。
一般家庭用も布教しています。

このページの先頭へ