スパークリング

ワインを100倍楽しむ方法について

楽しく美味しく飲むためのワインの雑学を持っていると、飲み方の工夫や話題作りにもなるでしょう。
その一部をご紹介いたします。

安いワインなどであれば、少しの工夫をすることによって、味が大きく変わることがあります。
また、飲みにくいと思っていたものでも、その工夫によって飲めるものもありますので、試してみるといいでしょう。

良く聞く方法としては、飲む数時間前にデキャンタに移し、空気に触れさせることで塾生を速めることによって味わいに変化を持たせることが出来ます。
また、開栓した後ならば、コルクをもう一度締めて振ることにより香りや味わいに深みが出てきます。

また、種類によりますが10~15度にして飲むことにより美味しく飲むことが出来ますが、酸味や甘味があるものは冷やしておくと美味しく飲めるでしょう。
飲み残しは煮込み料理や軽い風味づけとして使用することによって、燻らせずに美味しく減らしていくことが出来ます。
酸味が強いと感じるワインには、フルーツなどを漬けてサングリアとして飲むといいでしょう。

また、お寿司などでも脂の乗ったものほどワインに良く合います。
両方とも好きだという方は、一度この組み合わせを試してみてはどうでしょうか?

このページの先頭へ